ブレグ -BLESSED BLOG-

神さまからの祝福を綴るクリスチャンにっちの日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
些細なことかもしれない。

そりゃ偶然だろって言われるかもしれない。

でも、その積み重ねが確かに神様への信頼を強めていくんだよね。


先週の木曜日に我が家に起こったできごとです。

にっちが仕事中に、妻から電話がかかってきました。

妻は電話口で泣いていました。

ぬうぉ!

にっちの脳裏にいろんな最悪なできごとがよぎる。

息を飲み、妻の話を聞いてみる。

主都が、車に閉じ込められちゃった~!

それに動転した妻から電話だったんです。

にっちは、それ以上に最悪のことを予想していたのでなんだかほっとしましたが。。。

しかしなんで、息子・主都が閉じ込められたの!?

よく話を聞くと、

主都は鍵が好きで、妻の車の鍵をもって

車の運転席で遊んで運転気分を味わっていたらしい。

もちろん主都はエンジンはかけられないし、家の前の駐車場でエンジンが止まってる車の中で。

そんな主都を車の外で見ながら、妻が久しぶりに買ってきたスタバのコーヒーを味わうために

主都を運転席に置いて落ちたら困るので運転席の扉を閉めたんだって。

そしたら主都が、運転席の扉についてるすべての扉をロックするボタンを押しちゃった!

完全に閉じ込められちゃった~

そういうワケで、もう一つの車のキーを持ってるにっちに電話がきたんだ。

と言っても、仕事中なワケで、家に行けないので。

JAFに電話すれば鍵開けてくれるんだろうけどいくらかかるかわからないし。

結局、妻のおねいちゃんがその日休みだったのでにっちの会社に鍵を取りに来てくれることに。

妻は、1分でも早く主都を出してあげたくて

主都にもう一度ボタンを押すよう誘導するも、主都は押せなく

主都は主都で、車を独り占めしてるのがうれしいようでニコニコ。

車の中の主都用のお菓子やみかんを食べて満喫してたみたい。

でも妻は、責任を感じ、必至に祈ったんだ。

神さま、早く開けてください!

母の悲痛な叫びを神さまは聞かれない訳がないんだ。

おねいちゃんが家を出た直後、

にっちはふとあることを確認しようとした。

鍵もってるよな?

いつも入ってるズボンのポケットを触ってみた。

家の鍵と車の鍵がついてる鍵の束を。

あれ?

あれ?

ない?

もしかして!?

すぐ妻に電話したよ。

今日に限って、鍵を家に忘れたかも!見てみて!

妻が家に入って鍵を探したら

あったよ~!

神さま、ありがと~!


妻の喜びの叫びが聞こえてきたんだ。

そして主都を無事救出!

おねいちゃんにも連絡して引き返してもらって

一件落着~!


にっちもホッとする。

ほんと母の祈りってすごいなあって。

まさか鍵を家に忘れてるとは思わなかった。

車の鍵は家の鍵と一緒なのでいつも外出するときは持ち歩いてるんだ。

だから鍵を家に忘れるなんてめったにないんだけど。

神さま信じてなかったら、偶然だって思う些細なことかもしれない。

でも、神さまを信じる者にとっては、こんな些細なような祈りの答えが

神さまの真実さを、体験として自分の人生に刻まれていくんだよね。

もっとその真実さを日々体験していきたいな!


↓みんなに神様のハンパなさ伝えたい!一日一回クリックお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。