ブレグ -BLESSED BLOG-

神さまからの祝福を綴るクリスチャンにっちの日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
日曜日の礼拝でのユースパスター・タカのメッセージが心に刺さっている。


ああ 川の流れのように おだやかに

この身を まかせていたい

ああ 川の流れのように いつまでも

青いせせらぎを 聞きながら



misora(1).jpg
昭和の歌姫・美空ひばりの代表曲

「川の流れのように」の一節。


そのような生き方ができたら、

どんなに楽だろう。

どんなやすらかだろう。




聖書は語る。


『王の心は主の手の中にあって、水の流れのようだ。

みこころのままに向きを変えられる。』
 箴言 21:1


水とは。

①水はカタチがない。

水は液体。なんにでもカタチを変えられる。

だから、みこころのままにカタチを変えられる。


②水は下へ流れる。

必ず下へ流れる。それはどんなに時代が変わっても変わらない真理。

変わらずゆるぎないものにこそ、身をゆだねられる。

そこに本当の自由がある。

また、この世は、上へ上へ流れようとする。

でも、みこころは、下へ下へへりくだりながれること。


③水は自分から動かない。

水は決して自分から動かない。

なにかの力が作用しなければ動かない。

自分の力ではなく、

自分の思いや考えではなく、

みこころのままに、聖霊の風によって動く。




にっちは、主の手の中で、水の流れのようだろうか?


主の手の中にいたいといいながら

自分のカタチを固持しようとしていないか。

自分のチカラで上へ流れようとしていないか。

自分のオモイで動こうとしていないか。


全然、水の流れじゃねぇ。


なんだかまたやらかしてる。


自分はもっとできるんだ。

もっと用いられるんだ。

もっと祝福されるんだ。

神さまから与えられてた思いを

どんどん自分のチカラをにぎっちゃって。。

固い物に角がある物になっちゃってる。


またやっちゃった。。


もうこの繰り返しはいやだなあ。。


この身をまかせたい。

おだやかに。

やすらかに。


身をまかせるって

恐れや不安があって当然だ。

だから信じるんだ。

その信仰の先に。

みこころの流れが生まれる。

その流れにこそ命がある。


なんだか、心が溶け出した気がしたよ。


水の流れのようにかあ。

それでいいんだあ。


↓いつも読んでくださりありがとうございます!一日一回クリックお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。