ブレグ -BLESSED BLOG-

神さまからの祝福を綴るクリスチャンにっちの日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨夜、会社の忘年会の二次会ということで

いつもは二次会に行こうとしない上司が

半ば強引にみんなをある場所に導いた。

どこかと思ったら、

そこは、

ニューハーフショークラブ。

上司も初めてみたいで、一度来てみたかったそうだ。

もちろんにっちも、こんなところ来るの初めてなのでまじドキドキした。

さっぽろすすきのでは、最大級のニューハーフショークラブみたいで

店の中は、大きなステージを客席が囲ってる。

驚いたことにお客さんの半分以上が、女性だった。

忘年会の二次会ということで会社の女の子も2人付いてきていたので

ちょっとホッとした。。(女性でも楽しめるショーなんだと思って。。)

ショーの時間まで、何人かのニューハーフのおねいさんに接客される。

ニューハーフの方と直接会って話すのは初めてだった。

テレビでは見たことはあったけど、存在するのは知っていたけど、

にっちの目の前に、元男性のおねいさんたちがいる。

女性にしか見えない胸もあるきれいなおねいさんもいれば、

身長180cmを超える男性っぽいおねいさん、

男性にしか見えないおかま、

みんな、声に男っぽさが残ってる。

みんなある種の迫力がある。

トークもいろんな修羅場を通ってきただけあって

というか元男性だけあって、そう、迫力があるんだ。

なんかタジタジになる。。

こんな人たちもいたんだあ。

初めて、ニューハーフの方々の存在がリアルになった。


そして、ショーが始まった。

彼ら、、、いや、彼女たちのまさにエンタテイメントが始まった。

真剣に、まっすぐに、誇りをもって、笑顔で踊る彼女たち。

すごくかっこよくて、きれいで。

すごく突き抜けてて、おもしろくて。

あんなショーは初めてだった。

圧倒されっぱなし。

一生懸命な彼女たちに。

会場は知らず知らずに拍手も大きくなっていった。

これが、彼女たちの仕事。

だれに後ろ指さされようが、

こう私は生きる。

そんな決意が伝わってくる。


彼女たちは、どういう思い、葛藤を経て

ここに辿りついたんだろう。

今まで、考えたこともなかった。

恥ずかしながら、ブラウン管でみる彼女たちを

どこかで裁き、さげすむような目でみていた。

自分の住む世界とは違うって、勝手にラインを引いていた。

でも、彼女たちは、にっち以上に、生きることに悩み

苦しみ、そして突き抜け、生き抜いてきたんだ。

ここで、性転換や同姓愛や性同一性障害のことについて

どうこういうつもりはない。

彼女たちを初めて目の当たりにして

彼女たちの生き方に対して、何も言える資格なんてない。

そう感じたんだ。


ずっと思っていたんだ。

彼女たちに対して

ジーザスだったら、どんな言葉をかけるんだろって。

ジーザスだったら、どんなことをしてあげるんだろって。


昨夜、最初で最後だと思う、生身の彼女たちとの予期せぬ出会いを通しても、

その答えは、出なかった。


でも、確かなことがある。


彼女たちを救うために、

ジーザスがこの世に生まれてくださったこと。

十字架にかかってくださったこと。

彼女たちを本気で愛しておられること。




あ、

それが答えなのか。。



神さまの本気の愛をあらわすクリスマスが近づいています。



↓いつも読んでくださって感謝です!一日一回クリックお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
スポンサーサイト

うちもにっちとおなじで
まだどこかで裁いちゃってるし
理解できないだろうってどっかで思っちゃってる。。。。うちもいこーかな笑

2008.12.19 URL | なーこちん #2eH89A.o [ 編集 ]

自殺するひと、未遂でとどまってしまった人、
こういう人達が結構いるらしいですよ。


十字架のメッセージが一番ですね。

彼女らにも、
彼女らを裁いてしまう僕らにも。

2008.12.19 URL | ひさ #- [ 編集 ]

どこかわかっちゃった(笑)あそこすごい人気だよね
女の人より女らしかったりするし。
不思議~

2008.12.19 URL | ゆりぶう #- [ 編集 ]

あたしの高校の時の親友はゲイの男の子なんだ。今でもすごいすごい仲がいいんだけど、彼はいろんな偏見や周りからの冷たい目からも、強く強く自分らしく生きてるんだよね。他にも、ゲイやレズの人達となぜか接点を持つ事が多いの。
クリスチャンとして彼らと接する時、正直と惑う時はある。聖書はやっぱり同性愛とかを許してはいないから。だけど、にっちが言ってるようにあたしには彼らを裁く権利はどこにもないんだよね。あたしも彼らと同じように十字架を必要とする人間だから。
ただ、彼らにジーザスの愛を知ってもらいたいって思う。でも、きっと、彼らがジーザスの愛を知ったら、今ある彼らがもってるアイデンティティーとの葛藤が生じるんだろうって思うんだ。ジーザスの道を生きる事を選択したら、そういう人達はどういうふうになるんだろうっていつも考えるんだよね。
すごいすごい難しい課題だなって。。。
でも、神様はその人達も救いたいって思ってるんだよね。だから、何か出来る事があるはずなんだって思います。

2008.12.20 URL | yukako #5UbWtcmI [ 編集 ]

この記事、サイコーです。今までのブログ記事でいちばん気に入った!笑

イエスだったら、間違いなく彼女(彼?)たちと友達になってしまうでしょうね。そして、そのことで批判されても、へいちゃらでしょうね。

2008.12.20 URL | iida #- [ 編集 ]

にっちさんのこういう発想、こういう考え方にとっても共感します。
実は最近読み始めたのですが、にっちさんお柔らかい心に感動しています。
これからも記事を楽しみにしています。

2008.12.21 URL | まこ #NkOZRVVI [ 編集 ]

ほんとゥチ等ゎイエス様と
おなじよーに誰に対しても
かわらないよーにしたいね☆
ゥチもたまにそうゆー方にあったとき
どうやって話しかけたらいいだろう??
って考えるよ☆
でもできれば
性転換手術とかしないでほしーi-182
だってあの手術って命がけでやるじゃん??
まぁーその為にゎ
神様の福音をつたえて
「ありのままのあなたがいいんだょ」って
教えてあげなきゃねi-194

2008.12.21 URL | みか #/c2.ISBc [ 編集 ]

なーこちん>なんで裁いちゃうんだろうね。その自分の心を点検しないとね。ありがとね!

ひさ>自分を受け入れられず悩み苦しんでる人多いだろうなあ。ありままを愛してるっていう十字架のメッセージ本当に必要だよね。自分自身噛み締め伝えていこう。ありがと!

ゆりぶう>行ったことあるの!?すごい人気だよねwほんと女になってたわ。不思議だよ。ほんと。

yukako>ほんとむずかしい課題だよね。ここで結論は出せないよ。その人とジーザスの関係の中でしか答えはでないかも。でもぼくらもその課題にしっかり向き合わなきゃいけないなって今回感じたよ。愛をもって。yukakoが向き合ってる状況も教えてくれてありがとう!

iida>ありがとう!なかなかああいうとこに行くこと自体がまず批判されちゃうからね。
クリスチャンってどっか上から目線になっちゃってることがある。一線を引きたがる。自分も含め。「私がしたように愛し合いなさい」ジーザスがしたように。をいつも覚えていかないとね!

まこ>ありがとうございます!すごくうれしいです!いつもキリストの愛によってストレッチされないと凝り固まる心なんで。今回すごくいいストレッチになって本当に感謝です。まこさんのブログにも遊びに行きますね!

みか>そうだよね。ジーザスのように分け隔てなく愛をもって接したいね。「ありのままのあなたがいいんだよ。」って伝えていきたいね!まじありがとう!

2008.12.24 URL | にっち #DYQhHKEg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://growingupjj.blog116.fc2.com/tb.php/320-4253d759

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。